2016年9月21日水曜日

「環境デーなごや2016」で名古屋市とフードドライブを実施しました

こんにちは、事務局の森です。

先日、9/17(土)に名古屋市が主催する環境をテーマにしたイベント「環境デーなごや2016」に参加しました。
久屋大通公園で行われる大規模な環境に関するイベントで、3Rの推進、CO2削減、フェアトレードなど、環境に関連したさまざまなブースがならび、多くの来場者でにぎわっていました。

セカンドハーベスト名古屋は、名古屋市環境局と共に、市民の方から食品寄付をつのる「フードドライブ」を実施しました。

(名古屋市環境局・セカンドハーベスト名古屋のブース)


私たちとしても、このような大きなイベントでのフードドライブ実施は初めてだったので、どのくらい食品が集まるか心配していました・・・。

が、最終的には116キロ、292点もの食品の寄付をいただくことができました。
多くの方にご協力いただき、まことにありがとうございます。
いただいた食品は、生活に困った方や福祉施設やホームレス支援団体にお届けします。

(フードドライブで寄付いただいた食品の一部) 


(後日、集まった食品は、名古屋市ご担当者から2HN・理事長の山田(左)へ渡していただきました)

他にも、当日は食品ロスについてのアンケートや、セカンドハーベスト名古屋についての説明を行いました。
足を止めてくださる方も多く、私たちのブースの前は常ににぎわっていました。

(2HNボランティアが来場者の方とお話ししている様子)



「食品ロスを出さなように、買い物の時から小分けの野菜を買うようにしているよ」
「フードドライブは知らなかったけど、お中元などで余ってしまう食品があるので、今後利用してみたい!」

多くの来場者の方と話をしてみて、みなさんの食品ロスに対する意識の高さを感じました。

名古屋市環境局とは、今後も連携してフードドライブを実施する予定です。
情報は、Facebookページなどでご案内しますので、ぜひご確認ください!

もし、今お手元に余っている食品がある場合には、2HNへぜひお送りください!
---------------------------------------------------------------------------------
〒462-0845 愛知県名古屋市北区柳原3-4-2小菅ビル1F
セカンドハーベスト名古屋
---------------------------------------------------------------------------------

2016年9月20日火曜日

休日の活動(10月)のご案内

■申し込み状況

2名申し込み 残り4名【9月26日追記】

---------------------------------------------------------------------------------------


こんにちは、事務局の山内です。

休日の活動(10月)を以下の日程にて行います。
是非ご参加ください。
---------------------------------------------------------------------------------------
10月の休日活動
---------------------------------------------------------------------------------------
■日時:10月2日(日)10:00~15:00

■場所:2HN事務所(名古屋市北区柳原3-4-2小菅ビル1F)

■定員:6名

■活動内容:食品の仕分け作業&生活に困っている人へ届ける食品の詰合せづくり

■備考:フードバンクやセカンドハーベスト名古屋の活動説明も一緒に行います。
初めてボランティア活動をする方、フードバンクについて詳しく知りたい方におすすめです。

■タイムスケジュール

10:00 現地集合
10:10 自己紹介
10:30 フードバンクの説明
11:00 午前中の作業
12:00 お昼ご飯
13:00 午後の作業
14:30 質疑応答
15:00 現地解散

午前は、生活に困っている人へ届ける食品の詰合せづくりを行う予定です。
午後は、瓶をプチプチで包んだり、一袋にレトルトカレーを3袋入れるなど、
食品を箱に詰めやすいように食品を仕分る作業の予定です。
興味・関心のある方は、是非ご参加ください。

■申し込み方法
参加いただける方は
・氏名
・職業
を添えて9月30日までにコチラからメールにてお申し込みください。
---------------------------------------------------------------------------------------

セカンドハーベスト名古屋は、主に平日しか活動していません。

「平日は仕事があって参加できないです・・・」

「毎週は難しいけど、月1回なら参加できるんですが・・・」

といった方々は興味・関心はあっても、なかなか活動ができませんでした。

そこで、月に1回休日の活動を行っています。
10月の活動内容は、生活に困っている方に届ける食品の詰合せづくりです。

私たちセカンドハーベスト名古屋が行う「行政と連携した個人支援活動」では
市役所や社会福祉協議会から依頼を受け
お米5kgと缶詰や調味料を入れた食品の詰め合わせを届ける活動を行っております。

その際生活に困っている方の状況(電気・ガス・水道・炊飯器の有無や国籍など)に
合わせ食品を詰合せています。

(倉庫内での作業の様子)

これまで参加された方からは・・・

「どんな活動をやっているかは知っていましたが、実際に体験してみると全然違いますね!」

「イメージしていた通りですが、実際に活動してみるとこの活動には人手がかるのはもちろん、お金も色々かかってきますね・・・。」

などのご意見をいただいています。

ほとんどがお一人で参加されていることから、一人でも参加しやすい雰囲気を心がけています。
興味・関心のある方は是非!ご参加ください。

2016年9月9日金曜日

三重県社会福祉協議会様から、お米の寄付をいただきました

こんにちは、事務局の森です。

2HNと三重県社会福祉協議会様とは、困っている方に食品をお届けする個人支援事業で、
昨年7月から連携を始めました。

今年は三重県社協様から月に80件ほど支援依頼をいただき、
約1トン近くの食品を2HNからお送りしています。

「食品をもらうだけではなく、食品を集めることも協力したい」と、
三重県社協様では、県内各地の社協と連携して企業・住民の方々から食品を集めていただいています。
今年4月以降で、約3トンもの食品(主にお米)を寄付いただきました。

通常集まった食品は名古屋の事務所へ郵送いただいていますが、
先日は量が多かったため、2HNスタッフが三重県津市にお米を引取に行きました。
その際には、お米600キロをいただきました。ありがとうございました!

(集めていただいたお米を2HNの車で三重から名古屋へ運びました)

(お米をよい状態で保管するため、即日外部の冷蔵倉庫に預けました)



最近では三重県社協様の他にも行政とは、2HNから食品を渡す関係だけではなく、
行政と連携して食品を集める動きも広がりつつあります。

例えば、名古屋市では9/17(土)に市環境局主催の環境デーなごやというイベントで、
フードドライブ※を実施します。
(※家庭で余っている食べ物を学校や職場に持ち寄り、
それらをまとめて地域の福祉団体や施設、フードバンクに寄付する活動)
詳細は、こちらをご覧ください!

行政は住民の方への影響力が大きいため、食品を集める活動で連携できることは、
私たちにとって心強く感じています。
今後、生活に困っている方に食品をお届けする活動と共に、
食品を集める活動においても、連携を深めていきたいと考えています。

2016年8月26日金曜日

新聞掲載により、たくさんの食品寄付をいただきました

先週、新聞に当団体の活動の紹介があってから、たくさんの方からお米の寄付をいただきました。
その量は、1週間でなんと2トンを超えました!

昨年8月のお米の寄付は1ヵ月間で1トンだったので、
新聞掲載からたった1週間で2倍もの寄付をいただけたことになります。

(寄付いただいたお米の一部)


新聞掲載によって多くの方に2HNの活動を知っていただけて、大変嬉しく思っています。

いただいたお米は何に利用しているかというと、
セカンドハーベスト名古屋では、行政と連携して生活に困った方に、
食品の詰め合わせをお送りしています。
(個人支援事業の詳細はこちら

炊飯が可能な方には、米5キロとその他缶詰などの食品を約7キロ、
単身であれば約3週間分の食品をお届けしています。


(食品の詰め合わせの例)


最近では、月に約300件の支援依頼があり、そのうち炊飯が可能な方が多数を占めるので、
お米の利用量は1ヵ月で1トンを超えています。

昨年の個人支援事業の開始以降、個人支援の依頼件数は急激に増えてきており、
実は初夏には、お米の在庫が数週間分しかなくなってしまう危機的状況を迎えていました。

というのも、お米の寄付いただける時期には大きな波があります。
9月以降の新米が収穫後に古米との入れ替えのタイミングで、
余っていた古米を2HNに寄付いただくケースが多いです。
2015年は年間で約10トンの寄付をいただきましたが、9~11月に半数が集中していました。

そのためお米の寄付は秋ごろが最も多くなり、夏に最も在庫が少なくなります。

またこれから新米収穫時期が始まり、古米との入れ替えの時期に入ってきます。
ぜひ食べきれない古米がお手元にある方は、当団体まで寄付をお願いします!

2016年8月8日月曜日

休日の活動(9月)のご案内

■申し込み状況
①9月4日(日) 定員に達したため締め切りました。
②9月18日(日) 4名申し込み 残り2名
【9月12日追記】

■その他
・9月18日(日)も追加しました。【8月18日追記】
---------------------------------------------------------------------------------------

こんにちは、事務局の山内です。

休日の活動(9月)を以下の日程にて行います。
是非ご参加ください。今月は2回行います

---------------------------------------------------------------------------------------
9月の休日活動①
---------------------------------------------------------------------------------------
■日時:9月4日(日)10:00~15:00

■場所:2HN事務所(名古屋市北区柳原3-4-2小菅ビル1F)

■定員:6名

■活動内容:食品の仕分け作業&生活に困っている人へ届ける食品の詰合せづくり

■備考:フードバンクやセカンドハーベスト名古屋の活動説明も一緒に行います。
初めてボランティア活動をする方、フードバンクについて詳しく知りたい方におすすめです。

■タイムスケジュール

10:00 現地集合
10:10 自己紹介
10:30 フードバンクの説明
11:00 午前中の作業
12:00 お昼ご飯
13:00 午後の作業
14:30 質疑応答
15:00 現地解散

午前は、生活に困っている人へ届ける食品の詰合せづくりを行う予定です。
午後は、在庫チェックや倉庫内食品の整頓の予定です。
興味・関心のある方は、是非ご参加ください。

参加いただける方は
・氏名
・職業
・9月4日(日)もしくは9月18日(日)どちらかに参加希望か?
を添えて9月12日までにコチラからお申し込みください。

---------------------------------------------------------------------------------------
9月の休日活動②
---------------------------------------------------------------------------------------
■日時:9月18日(日)10:00~15:00

■場所:2HN事務所(名古屋市北区柳原3-4-2小菅ビル1F)

■定員:6名

■活動内容:食品の仕分け作業&生活に困っている人へ届ける食品の詰合せづくり

■備考:フードバンクやセカンドハーベスト名古屋の活動説明も一緒に行います。
初めてボランティア活動をする方、フードバンクについて詳しく知りたい方におすすめです。

■タイムスケジュール

10:00 現地集合
10:10 自己紹介
10:30 フードバンクの説明
11:00 午前中の作業
12:00 お昼ご飯
13:00 午後の作業
14:30 質疑応答
15:00 現地解散

午前は、生活に困っている人へ届ける食品の詰合せづくりを行う予定です。
午後は、在庫チェックや倉庫内食品の整頓の予定です。
興味・関心のある方は、是非ご参加ください。

参加いただける方は
・氏名
・職業
・9月4日(日)もしくは9月18日(日)どちらかに参加希望か?
を添えて9月12日までにコチラからお申し込みください。

---------------------------------------------------------------------------------------

セカンドハーベスト名古屋は、主に平日しか活動していません。

「平日は仕事があって参加できないです・・・」

「毎週は難しいけど、月1回なら参加できるんですが・・・」

といった方々は興味・関心はあっても、なかなか活動ができませんでした。

そこで、月に1回休日の活動を行っています。
9月の活動内容は、生活に困っている方に届ける食品の詰合せづくりです。

私たちセカンドハーベスト名古屋が行う「行政と連携した個人支援活動」では
市役所や社協から依頼を受けお米5kgと缶詰や調味料を入れた食品の詰め合わせを届ける活動を行っております。

その際生活に困っている方の状況(電気・ガス・水道・炊飯器の有無や国籍など)に合わせ食品を詰合せています。

(倉庫内での作業の様子)


これまで参加された方からは・・・

「どんな活動をやっているかは知っていましたが、実際に体験してみると全然違いますね!」

「イメージしていた通りですが、実際に活動してみるとこの活動には人手がかるのはもちろん、お金も色々かかってきますね・・・。」

などのご意見をいただいています。

ほとんどがお一人で参加されていることから、一人でも参加しやすい雰囲気を心がけています。
興味・関心のある方は是非!ご参加ください。

2016年8月5日金曜日

株式会社ドールの社員の皆様がフードドライブを実施してくださいました。

こんにちは、事務局の山内です。

株式会社ドール社員の皆様が社内でフードドライブを実施してくださいました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
フードドライブとは・・・
家庭で余っている食べ物を学校や職場に持ち寄り、
それらをまとめて地域の福祉団体や施設、フードバンクに寄付する活動です。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
今回はドール本社にあるCSRを担う部署の方が中心となり、
複数の営業所でフードバンクへの食品寄付を募っていただきました。

集まった食品は全てセカンドハーベスト名古屋(2HN)へ届けてくださいました。

(寄付いただいた食品の一部)

頂いた食品は2HNが行う個人支援(市役所や社会福祉協議会にある相談窓口から
依頼を受け、生活に困った方へお米や、缶詰、調味料等、食品の詰め合わせを届ける活動)に
使わせていただきます。

個人支援について詳しくはコチラ

フードドライブを実施してくださいましたドール社員の皆様、ありがとうございました!

ちなみに、このようにフードドライブを実施していただいたのは初めてですが、
実はこちらの企業とのつながりは5年以上前、2HNの活動当初から始まっています。

ドールといえば、バナナ。

バナナなど輸入された果物は、日本に着いてから店頭に並ぶまでに何度もチェックを受けます。
良い品質の商品を消費者へ届けるため、検査が必要です。
しかし、検査をしたバナナは商品として販売することが出来ないため、捨てられてしまいます。

この品質に問題がないものの捨てられる運命にあるバナナを、
2HNでは毎週ご寄付いただき、主に愛知県内の母子生活支援施設や障害者福祉団体、
児童養護施設等へお届けしており、受け取られた方々から大変喜ばれております!


2016年7月29日金曜日

災害備蓄用食品の寄付件数の傾向

こんにちは、事務局の森です。

最近、2HNへ企業から備蓄品の提供についての問い合わせが増えています。
調べてみたところ、去年と今年の6~7月の実績を比較すると、
備蓄品を提供いただいた企業数が今年は約3倍に増えていました。

なぜ、今備蓄品の提供が増えているのかというと、
大きな理由の一つは、東日本大震災から5年目のタイミングだからと考えています。

というのも、備蓄品は賞味期限が5年のものが多くあります。
そのため、東日本大震災を契機に準備をした備蓄食品が、
ちょうど2016年の今の時期に賞味期限を迎える頃となっています。

しかし、賞味期限が過ぎた備蓄品の多くは、そのまま廃棄されている実態があります。
先日の毎日新聞の調査で、全国47都道府県と20政令市にアンケートをとった結果、
過去5年の総廃棄量は全備蓄量の4分の1に当たる176万食に上ったそうです。
(参考:毎日新聞http://mainichi.jp/articles/20160325/k00/00m/040/137000c

もし、企業・家庭で備蓄品を管理しており、賞味期限が間近になってきたものがあれば、
廃棄するのではなく、ぜひフードバンクへの寄付をご検討ください。
ご連絡先は、こちらです!


備蓄品提供に関して、よくあるご質問を下記にまとめました。
検討中の方は、ご参考にしてください!

Q:どのような食品が寄贈の対象となりますか?
A:アルファ米、缶詰パン、おかず缶詰等の食品や保存水などの飲料を取り扱っています。

Q:賞味期限はどれくらい残っているものを引き受けてもらえますか?
A:原則、3カ月以上でお願いしていますが、それ以下のものでも、数量や品目によっては、
受け入れることが可能なので、ご相談ください。

Q:提供した食品はどのように利用しますか?
A:ホームレス支援団体や、児童養護施設・障がい者施設などの福祉施設の他、
生活に困っている個人世帯にお届けしています。
災害備蓄品は、特に電気・ガス・水道のライフラインがない状況の方や、
調理が得意でない方に喜ばれています。